働き方

デジタル後進国日本は今後5年間で変化することができるのか?

今回取り上げるのは、平井デジタル担当大臣のスピーチです。

 

私も、日々DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進、実行していく立場として非常に共感を持てる内容でした。

以前から、平井大臣のYouTubeチャンネルで積極的に発信する姿など非常に好印象で、今後の日本の躍進のためにもぜひ頑張ってもらいたいと思っている方です。

 

特に私が共感したポイントや大事だなと思ったポイントを抜粋しますね。

 

  • 世界で第3番目の経済大国だけどデジタルの競争力はどのデータを見ても25位から27位
  • 日本がこの5年間ぐらいで今の構図を根本的に変えてしまうことができたら5年で最先端の国家になる
  • 今のやり方が全部だめだという現状否定から入る
  • 日本は一番変化を許容しない国
  • 日本は変化に弱い、苦手、変化することを認めたくない
  • デジタルの社会というのは人が人を助けることが前提にならないとうまくいかない

 

実際のスピーチはこちらです

 

いかがでしたか?

 

みなさんは、日本の国民性に対してどのように感じられていますか?

今のデジタル社会の現状をどう考えているでしょうか?

少子高齢化社会で人口減少が進む日本において、デジタルの役割をどう考えているでしょうか?

周りの人は現状に満足せず、積極的に変革を起こそうと取り組んでいるでしょうか?

 

本当に、ポイントを押さえられていて、素晴らしいなと思います。

私も改めてデジタルによって人を繋げていくということを力強く進めていきたいなと思います!

 

さぁ頑張るぞー

-働き方

© 2021 AI時代の働き方2.0・生き方2.0