アフターコロナで爆増するだろう地方や地域への移住者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、コロナウイルス関連の話題に溢れていますね。

 

今日は、ちょっと話が早いかもしれませんが、コロナ騒動が落ち着いたら確実に加速するだろうと思われる地方への移住について考えたいと思います。

 

コロナを機に加速するデジタル化

私は、コロナ騒動を受けて、全ての会社が大きくデジタルシフトしていくタイミングになるべきだと捉えています。

むしろ、これくらいのショックがないと変革できない日本文化も少なからずあると思いますね。

 

リモートワークやテレワークなど、会社側は求められていくわけですが、それに対応できない会社に社員はついていくことができないかもしれません。

むしろ、いつでもどこでも働ける環境というのが、これからの時代にとって重要な要素になってくるのかなと思います。

 

オフィスなどはどんどん縮小されていくでしょうし、

紙文化は今後間違いなく減っていきます。

コミニケーションもWeb会議やチャットのように、オフラインからオンラインが中心になっていくでしょう。

 

どの会社もデジタルシフトしないと、これからの時代のニーズにあっていきませんね。

おじさん世代には過酷な話かもしれませんが、時代の流れなのです。

 

東京一極集中から地方中心へ

戦後の高度経済成長では、首都圏に人が集まって経済を回していた現状があるかもしれません。

しかし、これだけグローバル化が進み、オンライン上で人がつながっていける環境が整っているので、今後は東京中心で人がい続ける必要性はなくなってくるのではないでしょうか。

 

それよりも、より住みやすい地方中心で、地方独自の良さを活かしながらコミニティーが発展していく形も大いに可能性があると感じています。

 

また、別の角度から考えても、

最先端の教育や、最先端の医療は、インターネットを通じて受けることも可能になってきました。

 

どこにいても情報は得られるようになってきていますし、地方にこそ可能性はあるのかなと思います。

 

自分が好きだと思える環境選び

私は、福岡県糸島市というところに住んでいます。

 

山や海などの自然が豊かであることや、食材が本当に豊かだということ。

また、空港まで1時間かからないというアクセスも非常に気に入っているところです。

 

そんな土地に集まる人たちもかなりユニークで、私も含め東京からの移住組というのは少なくありません。

今は、人のつながりというものも非常に満足しています。

 

コロナがいつ落ち着くかは検討もつきません。

今の日本の政策や世界情勢をみていても、数ヶ月レベルという話ではないように思えてきます。

 

ただ、こんなコロナ騒動を機に移住を考える人は少なからずいると思いますし、その候補として糸島を考えていただければ嬉しい限りですね。

糸島は確かにオススメの地域ではあるのですが、自分が好きだと思える環境を選ぶことをしてほしいと思います。

 

これからは心の時代になってきます。

まずは、コロナウイルス に対して不安恐怖に陥るのではなく、すっきりワクワクの心でいれることが重要です。

そして、物理的にも豊かな心をつくりやすい地域というものに目を向けるきっかけになっていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*