nTech(エヌテック、認識技術、観術)とは何!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、社会人4年目の2012年にある技術と出会いました。

 

今はnTech(エヌテック)と呼ぶ、認識技術との出会いです。

nTechとの出会いを通して、自分が持っていた漠然とした不安が問題ではなくなったこと、自分の中の世界観や哲学がひっくり返ってしまったことを今のように覚えています。

それくらい、認識技術との出会いは自分の人生において大きなターニングポイントになったわけです。

 

自分に対するイメージ、関係性のイメージ、働き方、生き方、まで

自分のライフスタイル全般が新たな次元に上昇したなという印象です。

 

じゃあ、nTechって何?

 

とよく聞かれるので、私の言葉とイメージで整理しておきたいと思います。

nTechはNinshiki Technologyの略

nTechはNinshiki Technologyの略です。Ninshikiの頭文字のnをとってnTech(エヌテック)と呼ばれています。

 

直訳すると、認識の技術。(そのまま・・・・笑)

 

nTechは、韓国人であるNohJesuが発見したひとつのイメージを元に、教育体系化された技術です。

教育体系化されているので、誰もが論理とイメージを使って理解し、伝達できる技術です。

理解するということがかなり重要!

 

多くの人に伝達できる技術として、NR JAPAN株式会社がセミナーなどを通して案内されています。

余談ですが、私が2012年に出会った当初は観点を変化上昇させる技術として、観術(かんじゅつ)と読んでいました。

 

ホームページでは、以下のような記載がありますね。

誰もが宇宙の作動原理をマスターし、

自分と自分の観ている宇宙(パーソナルユニバース)を自由に設計、再創造できる

ヒューマン・イノベーションを実現します。

NR JAPANのホームページより

 

上記の表現だとなかなかピンと来ないという方も多いと思うので、私の言葉で以下、説明していきたいと思います。

 

まず、私が思うにそもそも技術というのは、aの状態のものをbの状態にするという表現ができますよね。

 

つまり認識技術は、どんな認識(a)からどんな認識(b)へ案内するのか。

別の表現をすれば、今までの人間の旧いモノの見方(認識方式)から、新しいモノの観方(認識方式)を案内するのか。

 

スポンサードリンク

人間の今までのモノの見方(認識方式)

じゃあ人間の今までのモノの見方(認識方式)とはなんでしょうか?

 

私は、「存在が有るのが当たり前のモノの見方」と説明するようにしています。

もう少し学術的?な表現をすると、「人間の5感覚脳に固定されたモノの見方」と説明できます。

 

人間の脳には認識のクセがあるのをご存知ですか?

 

人間の脳は、全体・全部を同時に認識することができません。

一度、こうだと決めつけて思いこんだものから、なかなか自由になることができません。

共通点を見つけられず、違いばっかり認識して比較やジャッジをしてしまいます。

 

それが、人間誰しも生まれた瞬間から初期セッティングされた機能的な限界であるのです。

 

nTechによる新しいモノの観方(認識方式)

先ほどの、「存在が有るのが当たり前のモノの見方」「人間の5感覚脳に固定されたモノの見方」である、人間の脳の認識のクセを解決できていない状態をaとしましょう。

 

では、認識技術nTechは、どんなbの状態に変化させる技術だと思いますか?

 

対照的な表現をすると・・・

「存在が無いのが当たり前のモノの観方」ですね。

また、「人間の5感覚脳に固定されない自由なモノの観方」とも表現できるかなと思います。

 

全体全部を認識し、モノや存在に対するイメージが超ーーーーーやわらかい。

何にも固定せず、自由自在な観点に人間の認識をバージョンアップするのが認識技術です。

 

”無”を活用する技術と言ってもよいかなと思います。

 

nTechとは一言!悟りの技術です

ここまでを通して、何かピンと来た人もいるかもしれません。

 

そうです、nTechとは一言で表現すると悟りの技術でもあるのです。

 

悟りと聞いて、みなさんはどんなイメージを持つでしょうか?

山に行って瞑想したり、お経を唱えたり、苦難の修行をしたり、・・・

そういうイメージを持っている方も少なくないかもしれませんね。

 

だた、そのような悟りは人に伝達や共有することも難しい。

しかもいつでも再現性をもつことも難しいはずです。

 

スポンサードリンク

nTechとITは相性がかなり良い

私自身、学生の頃から社会人になっても、ずっとIT畑で過ごしてきたからこそ伝えたいことがあります。

それは、nTechとITはかなり相性が良いということです!

 

ITの世界は、0と1を組み合わせ。

電気が流れるか流れないか。

パソコンの画面も、ずっと画面がついているように人間の5感覚からしたら見えますが、

実際にはドット単位で点いたり消えたりが高速に処理されているわけですね。

 

人間の5感覚で観察できる世界よりもっと緻密にこの世界を観た時、

そこは人間の脳スピードを超越した有ったり無かったりする世界があります。

 

これは、量子力学的な世界観にもなってきますが、ITの理解がある人はそのイメージが入りやすいし理解しやすいと思います。

nTechで象徴される数式『0=∞=1』もただただシンプルで美しい。

余談ですが、nTechの開発者であるNohJesu氏の著書に『宇宙一美しい奇跡の数式』というものがありますので、興味の有る方はお手にとってみてください。

 

私は理系人間なので、やっぱり数式化されたことも自分にとってはかなり大きかったなと。

この数式が持つ深くて広いイメージと自分が繋がった時、本当に面白い人生がスタートしていくと思います。

 

nTechは科学的な論理の悟り

私自身がnTechを深めれば深めるほどすごいなと思う点は、科学的な論理の悟りという点です。

 

論理的に悟れる技術なんですね。

 

論理的で、客観的で、再現性があって、伝達できるnTechの悟りの観点からしてみたら、

宇宙自然の成り立ちと自分が関係ないわけではありません。

自分と物理学、自分とコンピュータ、自分と学問など

全てが繋がってあらゆる学習や経験体験が楽しくなってきます。

 

本当に、どんな学問や技術を習得するよりも前に、このnTechの技術を最優先で学んで習得しなければならないと切実に思います。

そうじゃないと本当に無駄が多すぎるし、せっかくの出会いや経験がもったいないと思っています。

 

nTechという土台があるからこそ、今までの既存の学術的な知識などが、点と点になって全てが繋がってくるのかなと思います。

 

 

悟りはゴールではなくスタート

誰もが論理的に悟れる時代が訪れています。

悟りが一般常識化されていく時代ですね。

 

個人の問題から人間関係の問題、鬱や自殺の問題など、パートナーシップの問題、社会的な大きな問題まで、あらゆる問題が解決されない今の世の中です。

それらの問題一つひとつ解決していくよりまず第一に、人間一人ひとりの心が健康でスッキリワクワクした状態になっていくことが重要ですね。

 

そして、心が健康な悟った人たちの連帯によって、今までと全く違う次元での悟りを活用した問題解決の道が拓けていくのかなと思います。

 

さてさて、時代は大きなターニングポイントですね。

これからどんな社会になっていくのでしょうかね。

 

 

認識をアップデートするってどういうこと?

過去に”認識”に焦点を当てて書いた記事もあるので、ぜひ合わせて読んでいただければ嬉しく思います。

 

AI時代は人間の脳の認識OSをアップデートせよ!!

人間OSをアップデートするためには?

 

nTechをイメージしやすい動画のご紹介

以上のようなことを踏まえて動画をご覧になられたら、かなりnTechに対するイメージが深まるのではないでしょうか。

ぜひ、ご覧ください。

また、nTechについてもっと知りたいという人や、学んでみたいという人は、お問い合わせフォームから遠慮なくご連絡いただければと思います。

 

▼nTechの紹介映像「この現実は実在していない!?AI時代の次は「無の境地」の活用が鍵になる!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*