常に満たされた心の状態でいられる絶対性を取り入れた生き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常に満たされた心の状態(マインドフルな状態)でいられれば、

いつでも、どこでも、何をしていても

自分の人生を豊かにできるはず。

 

私の人生の理想はそうでした。

しかし、それがなかなか難しい。

実態は、

毎日会社に行って仕事をしていてマンネリ。

やる気も起きないし、虚無っぽくにもなる。

毎週末の休みや飲み会を励みに頑張るものの、人間関係も少しずつめんどくさくなる。

 

「あぁ、自分の心満たされていないなぁ」

 

これは私個人の経験に止まらず、そんなことを思っている現代人は多いはず。

人生を豊かにしていく上では、解決するべき一大問題な気がします。

 

私自身、今は自分の内面がよく見えるようになりましたが、

この問題が解決されれば心の平和を通した新しい生き方ができるのではないかと思っています。

 

心が満たされない状態とは?

心が満たされない思う自分の中に何が起きているのか?

 

ここに問題意識が行くこと自体本当に重要なことです。

 

”心が満たされていない”

これがどういう状態なのか?

 

一言で整理するなら、”不完全”な状態。

 

出発が”不完全”な状態だと、

例えば

・足りないものを埋めようとする

・できないものをできるようにする

・わからないものをわかるようにする

 

常に不完全を完全にしようとする、マイナスからプラス、マイナスからプラスの繰り返しになりますね。

何をやってもどんなものを得たとしても、いつまで経っても満たされた状態になるというのはあり得ない。

 

他人と比較が終わらずずっと小さい自分を存在させ、

自分の心の中に、いつも不安・不信・不満が蓄積され、

執着や妬み、諦めも起きてきます。

 

心が満たされていないなと感じるときは、

まずは、自分自身が不完全な状態から出発しているという現在地を認めてあげることです。

 

不完全から完全(絶対性)へシフトする

では、逆に完全な状態はどんな状態でしょう。

 

常に満たされている状態なわけですから、

・足りている自分

・できている自分

・わかっている自分

 

マイナスからプラスへ足りないものを埋める人生ではなく、

出会う情報すべてがプラスアルファの蓄積として加算されていくという考え方ができますね。

 

完全出発の認識ができるようになれば、

不信→信頼

不安→安心

不満→満足

になっていきます。

 

注意ですが、単なるプラス思考というレベルの話ではありません。笑

思い方、やり方レベルの話ではなく、根本的な人としてのあり方レベルの変化から来るものです。

 

この不完全出発から完全出発へ

基準点革命が自分の中に起きたとき・・・

 

「条件によってコロコロ変わる相対的な生き方」から

「条件によって変化しない絶対的な生き方」ができていくのかなと思います。

 

自信感、躍動感溢れる自分

自分の尊厳を自分で守れる自分

 

そんな自分になるためのキーワードが”絶対性を取り入れる”ということだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク




コメントを残す

*