ITでも何でも共通土台を活用すれば消費者から生産者になれる

政府が5月17日未来投資会議で、以下のような方針を決めたというニュース。

 

大学入試センター試験に替わり平成32年度から始まる「大学入学共通テスト」の科目に、プログラミングなどの情報科目の導入を検討する方針を決めた。

世界で人工知能(AI)を活用できる人材の争奪戦が激化する中、文理系問わずに情報教育の基礎を習得させることで「第4次産業革命」の牽引(けんいん)役となる国内のAI人材の底上げを狙う。

(引用元:https://www.sankei.com/politics/news/180517/plt1805170020-n1.html)

 

検討とは言え本格的なAI時代に向けて、情報教育の基礎を押さえておくことは必要なことだと思いますね。

情報教育の基礎、つまりITにおける共通土台とでも表現できるでしょうか。

 

共通土台が広がっていけばいくほど、社会、時代、文明全体の底上げに繋がっていく。

私自身はそのイメージが結構あるんですが、みなさんはどのように受け取られますか?

 

続きを読む

10年後も今やっている仕事が絶対的にあり続ける保証はあるのか?

「この人のやっている仕事は将来どうなるのか?」を考えることが、最近の密かなマイブームです。笑

そう考えると以外にどの仕事も人間じゃなく技術によって代行できんじゃないかと思ったり・・・

 

IT畑でずっとやってきた人間として、特に注目して気になっているテクノロジーがこの3つですね。

・IoT(Internet of things)

・ロボット

・AI(Artificial Intelligence:人工知能)

 

科学技術は日進月歩で、私たちの働き方は大きく変わらざるを得ない。

まさに時代の大転換期を迎えているのが今だと思っています。

続きを読む

人生100年時代をどう生きる?重要なキーワードは”変化”だと思う

今の時代は、歴史上にない大きな大転換期だと私は考えています。

 

産業革命が起きて約200年

PC革命が起きて約30年

スマート革命が起きて約10年

そして、これからAI革命・IoT革命・ロボット革命と続いて行く・・・

 

本当に激動の時代の真っ只中を生きていると思いますね。

また、人生100年時代とも言われ、ライフシフトの必要性も叫ばれています。

私たちは時代を生き抜いてくうえで一体何が必要になってくるのでしょうか。

 

この記事では、私がこのポイントこそ絶対必要だと思う点について紹介していきます。

続きを読む

毎日機械のように働くのは人間でなくていい

AI時代の働き方2.0を少しずつ考えて実践していきたと思う今日この頃。

 

なぜ、考えないといけないかと言えば・・・

・人間の記憶では到達できないほどのビッグデータ

・人間より意思決定能力が高い人工知能

・人間より正確に精密に働くロボット

 

技術革新がどんどん進んでいることが理由のひとつに挙げられます。

続きを読む