【イベント開催報告】【テクノロジー×未来×学び】〜最新テクノロジーの今とindustry5.0〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9/17(月・祝)の午後の時間帯で、告知していたイベントを開催いたしました。

 

テーマを改めてお伝えすると「【テクノロジー×未来×学び】〜最新テクノロジーの今とindustry5.0〜」になります。

 

簡単になりますが、記録も含め開催報告として残しておきたいと思います。

 

 

イベント主催趣旨

私はもともとIT畑にいた人間です。学生時代からITの可能性を感じ、大学では情報科学の学びを深め、東京でシステムエンジニアとして就職しました。

 

しかし、当時は可能性を感じたIT業界でしたが、今となってはIT全盛時代です。

つまり、IT時代の次の時代がどんどん創られて行くわけですね。

 

その中でも注目されているものに人工知能(AI)があると思うのですが、これからはAI時代に突入し、今までの産業構造が大きく変わると言われています。

 

当然、私たち一人ひとりの働き方や生き方も、それに合わせてシフトしなければなりません。

 

だからこそ、一人で考え変化を創って行くのではなく、共に学びながら未来を一緒に考えていける仲間が欲しいなということで主催をした背景があります。

 

 

イベントの内容

タイトルに、【テクノロジー×未来×学び】最新テクノロジーの今とIndustry5.0とありますが、

世の中のリアルなテクノロジー事情をまずは共有させていただきました。

 

メインのプレゼンターとしてお話いただいたのは、私も公私共々お付き合いさせていただいている大川さん。

 

大川さんから、今回は中国社会での社会インフラが、「IoT×ビッグデータ×AI」でどこまで発展しているのかという具体的な内容から

Industry4.0社会の限界や、それを補うことができるindustry5.0の提案など、スケールの大きい話までいただきました。

 

私個人的にも、同じアジア諸国として、中国ネタはいい意味で刺激になりましたし、日本の中だけにいる危機感も感じました。

 

Industry4.0までは、一言で言うなれば”人間以外の開発”です。

 

超ざっくり言うと、テクノロジーが進化すればするほど、人間疎外になってくる可能性が高い中で、”人間そのものの開発”ができる新しいテクノロジーが必要ですね。

その人間自体がバージョンアップして創られる社会がIndustry5.0という整理だったわけですが、今から同時にそれらを創っていかなければならないなとひしひし感じさせていただきました。

 

ディスカッションを多く取り入れたイベントの様子

一番学びが深まるのは、InputとOutputがバランスよく取れた状態だと思います。

単に情報をInputするだけではなく、自分の気づきを出して、場で共有し、お互いに気づきの連鎖が生まれることがベストな状態かなと。

 

ですので、この場はいつもそうなんですが、全体の交流やテーブルでの交流、InputとOutputがバランスよく循環できるように心がけているつもりです。

 

 

次回予告

あんまり内容的なものをこちらの開催報告であげるつもりはないので、どいうった雰囲気の場だったのかというのを感じてもらえれば一旦はOKかなと思います。

 

今回は、中国の社会インフラがテクノロジーによってどこまで変革がおきているのかを題材にしましたが、また次回以降は別のテーマを取り扱って開催したいと思います。

個人的に気になっているのは、VRやドローン、医療業界の変革、ロボット技術、など多様にあるので、回ごとにしっかりテーマを設定する必要がありますね。

 

詳細はまだ未定ですが、日程は決まりましたので予告だけさせていただきます。

 

・10/12(金)19:00-21:30 @博多予定

・10/28(日)14:00-16:30+飲み会 @天神予定

 

今回残念ながら参加できなかった方、次回以降ぜひお待ちしております。

 

共に学び、共に未来を創造していきましょう!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク




コメント

コメントを残す

*