働き方

マラソン型の働き方1.0からスプリント型の働き方2.0へ

人の集中力って実際どれくらい持続できるものでしょうか・・・

人によって個人差はあるとは思いますが、私の感覚的には本当に集中力が続くのは30分くらいかなと思っています。

 

会議に参加するときも、資料を作るときも、本当に頭が活性化して無我になって集中できる時間なんてそれくらいが妥当なラインじゃないでしょうか。

 

これからの時代、私は働き方そのものが大きく変わっていくべきだと思うのですが、今回は私が理想とする働き方(選択と集中)のイメージについてです。

 

続きを読む

チームプレーが苦手な人は共通点を観る能力を養えばいい

人間一人ひとりの個性を活かしながら、皆んなが活躍できるような関係性・チームプレーはどうやって実現できるのでしょうか?

 

私は、そのキーワードは、「共通点を観る能力」だと思っています。

 

共通点を観る能力があれば、多様性を活かしあうこともできるし、チームプレーがうまくいくと思っています。

結果的にお互いにもっと大きなビジョンに一緒に向かうことができるのではないでしょうか。

 

続きを読む

機械や人工知能に仕事を代行されないような人間になるためには?

2015年にGoogle傘下のDeepMindという会社が、アルファ碁という囲碁AIプログラムを開発し、韓国のイセドル氏との対局で勝ち越したというニュースがまだ記憶に新しい。

 

実は、そのアルファ碁は2017年にアルファ碁ゼロという形に進化し、アルファ碁に100戦100勝したわけですが、AIは一体どこまで進化するのでしょうか。

AIそのものが進化というよりは、人間の学習方式に対する解釈がどう変化していくのかということがキーワードな気がしますね。

続きを読む

10年後も今やっている仕事が絶対的にあり続ける保証はあるのか?

「この人のやっている仕事は将来どうなるのか?」を考えることが、最近の密かなマイブームです。笑

そう考えると以外にどの仕事も人間じゃなく技術によって代行できんじゃないかと思ったり・・・

 

IT畑でずっとやってきた人間として、特に注目して気になっているテクノロジーがこの3つですね。

・IoT(Internet of things)

・ロボット

・AI(Artificial Intelligence:人工知能)

 

科学技術は日進月歩で、私たちの働き方は大きく変わらざるを得ない。

まさに時代の大転換期を迎えているのが今だと思っています。

続きを読む

毎日機械のように働くのは人間でなくていい

AI時代の働き方2.0を少しずつ考えて実践していきたと思う今日この頃。

 

なぜ、考えないといけないかと言えば・・・

・人間の記憶では到達できないほどのビッグデータ

・人間より意思決定能力が高い人工知能

・人間より正確に精密に働くロボット

 

技術革新がどんどん進んでいることが理由のひとつに挙げられます。

続きを読む